決算委員会

決算委員会で質問 「今こそ大臣の英断を!」

5月23日(月)13時より参議院決算委員会が開かれ、14時から20分間、1日6,000万円のムダづかい高速増殖炉「もんじゅ」について、高木文部科学大臣に対して質問をさせて頂きました。
 
「もんじゅ」には、これまでに2兆円以上の税金が投入され、運転停止中の現在も年間約200億円以上の税金が使われています。いつ運転再開になるのかも不明な中で、1日あたり6,000万円近い税金が無駄に使われているのです。ムダづかいの見直しは、民主党マニフェストの一丁目一番地、政権交代の大義。
前々年度204億に対し、昨年度233億、本年度216億円。止まっている「もんじゅ」はムダづかい。私は、3月10日に本年度予算216億について、質問主意書を提出しています。

「もんじゅ」は安全面でも、大いに疑問を持たざるを得ません。
「もんじゅ」は、二本の活断層の上に立地されています。

また、1960年代、すなわち今から四十年以上前に計画され、1980年代に建設が始まったものが、今の時代に安全に運用されるのか。日進月歩の技術革新の時代に、複雑な部品は建設が始まった80年代のまま。技術の見直しがどこまでなされているのか、甚だ疑問です。

更に驚くべきは、もんじゅ訴訟の原告である地域住民と被告である動燃が、裁判所立ち会いのもと1991年に行った実地検証において、もんじゅの原子炉建屋に「一匹のねこ」が侵入していたのが目撃されていること。そして未だに、その「ねこ」は捕獲されていません。これを「想定外」で済ますことが出来るでしょうか。
津波、地震など、原子力発電に『想定外』という言葉が通用してはならないのです。

日本の未来に「負の遺産」を残さない。

『子曰わく、学べば固ろうならず、過ちてはすなわち改むるに憚る事なかれ』

高木大臣の英断で「もんじゅ」はいつでも廃炉に出来ます。
日本の最新技術を結集すれば、リスタートが出来るはずです。
大いなるムダづかいを、今すぐ取りやめるべきです。
私は、大臣の英断に期待します。

質問主意書は参議院HPよりご覧頂けます。
http://osweb01.sangiin.go.jp/syuisyo/177/keika/177115177.htm
また、質疑の模様も参議院HPよりご覧頂けます。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

皆さん、是非御覧下さい。


続きを読む "決算委員会で質問 「今こそ大臣の英断を!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今国会最後の委員会でした

 10時から経済産業委員会、10時10分から災害対策特別委員会、10時30分から決算委員会に出席しました。今国会での最後の委員会になりました。
20091203
増子輝彦経済産業副大臣と

 16時からは第2回文部科学省政策会議先端科学技術調査会に出席。「低炭素化社会を実現するための環境技術・産業構造」と題して国際連合名誉副学長・東京大学名誉教授安井至さんの講演を拝聴しました。質疑の際に「高速増殖炉の技術が日本に必要との事ですが、安全性を将来的にどの様に担保していく事が出来るのでしょうか?」と質問をしました。
Img_0483
第2回文部科学省政策会議先端科学技術調査会

| | コメント (1) | トラックバック (0)

参議院決算委員になりました

 12時10分、参議院第41委員会室に於いて参議院決算委員会に出席。理事、委員が決定され、私も所属委員となりました。
 決算委員会は国民の代わりに税金のムダ使いがないかをチェックする委員会。会計検査院長からの様々な会計検査報告の説明を受け、このあまりにも重い責任を肩に背負い、一層気を引き締めて務めたいと決意しました。

20091113_5

決算委員会の模様です。








 13時からは皇居にて宮中茶会に出席しました。

天皇陛下にご挨拶が出来、また、ビートたけしさんや辻元清美衆議院議員など出席者の方々とお話しをして、とても素晴らしい時間を過ごしました。

また驚いた事が!
シャンパンを勧めて下さったウェイターの方を良く見ると!その昔、鳩山由紀夫さんと共同経営をしていた「居酒屋トモト」で働いてくれていたスタッフでした。懐かしい顔にも出会えた日でした。

 昨日に引き続き天皇陛下のご在位20年をお祝い出来た事、感謝の意を表すとともに、
両陛下のご健康を心よりお祈り申し上げます。

20091113_6






宮中茶会のお土産のこんぺいとうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)