参議院

災害対策特別委員会で”もんじゅ”を質す

 6月8日、参議院災害対策特別委員会で、質問の時間をいただきました。今後、東日本大震災に係る審議は、新たに設置されることとなった、東日本大震災復興特別委員会に移ることとなりますので、災害対策特別委員会としては大震災に係る最後の質疑となります。

 この貴重な時間の中で、2つのテーマについて防災担当大臣、文部科学副大臣、原子力安全・保安院、原子力安全委員会に伺いました。
 
 1つ目は、危機管理について。災害対策本部、原子力安全・保安院、原子力委員会、原子力安全委員会、内閣府防災担当等々、縦割り行政の中で、権限の移譲ができず、最も求められる、即判断、即実行ができなかったことを松本防災担当大臣に質しました。

 2つ目は、高速増殖炉「もんじゅ」について。5月23日の決算委員会で質問したように、「もんじゅ」は通常の原子力発電所(いわゆる軽水炉)とは違い、原子炉の冷却に水ではなく、ナトリウムを使うというもの。ナトリウムは空気に触れると燃え、水に触れると爆発するという非常に取り扱いの難しいもの。当然、福島第一原発のように有事の際に、ポンプ車で水をかけたり、海水を注入するなどもっての外なのです。しかも、燃料は史上最悪の猛毒「プルトニウム」、直下には活断層が通ってます!有事の際の被害は福島第一原発の比ではないことは明らかです。福島第一原発と同様の全交流電源が遮断という事態が起こればどうなるのか。
 
 この日の、原子力安全・保安院の答弁では、「全交流電源がなくなって海水の冷却系がなくなった場合~空気冷却機で『もんじゅ』は冷却される」とのこと。空冷の冷却装置でももちろん電動のファンがついているでしょう!

 奇しくも、大震災の前日、3月10日に「高速増殖炉もんじゅに関する質問主意書」*http://osweb01.sangiin.go.jp/syuisyo/177/keika/177115177.htm を参議院に提出いたしました。大震災の影響で、通常1週間で出てくるはずの答弁書が、5月20日に内閣で閣議決定され出てまいりました。5月18日に菅総理が、核燃料サイクルを「白紙」というような表明をされたこともあってか、費用から、今後の見通し、さらには「もんじゅ」の役割について等、質問のほとんどを、「今後の高速増殖炉に係る政策を含む原子力政策の在り方については、福島原発事故の原因についての検証や国民各層の御意見等を踏まえて検討することとしており、現時点において、お尋ねについてお答えする事は困難である。」という逃げ口上でかわされてしまいました。

しかし、裏を返せば、皆様一人ひとりが、「もんじゅ」が危険でムダであると思っていただければ、「もんじゅ」は廃炉にできるということです。今後とも「もんじゅ」が如何に危険で、莫大な費用が掛かり、役に立たないかをお伝えできればと思います。

『子曰わく、学べば固ろうならず、過ちてはすなわち改むるに憚る事なかれ』。文部科学大臣、今日、答弁をいただいた笹木副大臣に改めて「もんじゅ廃炉」の英断を求めて質問を終えました。

質疑の様子は
その1
http://www.youtube.com/watch?v=D9V0aZzlPGw&feature=channel_video_title
その2
http://www.youtube.com/watch?v=16KABacd0UU&feature=channel_video_title

その3
http://www.youtube.com/watch?v=-i_AiARSbDQ&feature=channel_video_title


| | コメント (0) | トラックバック (1)

経産委で質問 本当に中小企業の利益になる法律とは

今日は10時05分から参議院経済産業委員会にて約35分に渡り質問に立ちました。
今回は低炭素投資促進法案(エネルギー環境適合製品の開発及び製造を行う事業の促進に関する法律案)に関しての質問です。

この法案は太陽光発電や電気自動車といったエネルギー環境適合製品を開発、製造、導入をする企業に国が補助を行うという、低炭素社会を目指す上で大変重要な法案です。しかし、中小企業を約三十年経営してきた立場から、この法案では本当に中小企業の利益になるのか、低炭素社会化の中で取り残されてしまわないか、という疑問をぶつけさせて頂きました。

失われた20年と言いつつ、全体の経常利益は上がってきた日本経済。しかし、全体の企業数の約1%の大企業と残り99%の中小企業が上げていた経常利益はバブル期には6:4であったのに対して、2007年には企業数の割合は変わらずに、7:3 と中小企業の経常利益は落ち込んでいます。つまり、中小企業で働く人々がこの国を支えているにも関わらず、その恩恵は一部の大企業に偏っているのです。
こういった状況を鑑み、特定の大企業だけでなく、中小企業も一緒に参加できるスキームを構築して支援する事。一部の大企業に偏在してしまっている富を中小企業にも還元していく法律を作る事が必要であると述べました。

例えば、経済産業省は中小企業対策として、法人税の引き下げを進めてきましたが、中小企業の2/3~3/4は赤字で法人税を下げても大企業にしかメリットはありません。
同様にこの法案でも中小企業がエネルギー環境適合製品を導入し易くする為に資金を貸し付けたり、リースを促進する為にリース会社の損失を国が補填する事は大企業に利する事となり、結果的に中小企業への利益にはならないのではないでしょうか。
お金を借りて凌ぐのではなく、仕事をして利益を上げる事こそが中小企業の願いなのです。
この法案によって如何に中小企業の仕事を増やせるのか、ひいては税金を使い、この法案を運用する事で国民にどの様に利益が還元されるのか。その事を直島経済産業大臣始め、政務三役にご質問させて頂きました。
始めに申したとおり、低炭素社会に向けて、この法案は重要な物と考えます。より早期に、より大量に、生きた資金を投入して国民の利益に繋げて頂きたいと思います。

質問の最後に、低炭素社会に関して、低炭素や非化石燃料というとCO2削減=原子力という構図になりがちですが、高レベル放射性廃棄物の安全な処理が実現するまで、原子力に重きを置く事を控えるべきだと主張させて頂きました。
28年間建設計画が停止されていた”上関原発”、これを中国電力が瀬戸内海に建設を進めようとしています。例えば、海に排水を流す為の配管に貝類が付かないように次亜塩素酸を用います。当然ですが、次亜塩素酸が海に排出され、瀬戸内海での魚介類への被害は莫大な物になると予想されています。
この様に放射性物質による被爆の被害だけでなく、環境破壊なども引き起こす原子力政策は見直すべきではないか、と質問をさせて頂きました。

何度も申しておりますが、私は原子力に反対をしているのではなく、安全性が完璧に担保されるまでは使用するべきでないと考えているのです。

環境問題も経済政策も、未来に負の遺産を残すのではなく、誇れる財産を託していくべきです。
このポリシーの基、これからも「みんなが楽しい日本」を目指して声を上げていきたいと思います。

経済産業省 低炭素投資促進法案のページ
http://www.meti.go.jp/press/20100212001/20100212001.html

参 議院のHPから委員会の模様の動画がご覧頂けます。
こちらから5/20の経済産業委員会を選んでご覧下さい。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

Ooo

Img_7060


| | コメント (3) | トラックバック (0)

アメブロの平山誠ページがスタート!

4月1日、新年度に入りアメブロに平山誠のページが開設されました。
私の議員活動を中心に書込みをして行きますので、こちらもよろしくお願い致します。

アメブロ http://www.ameba.jp/
平山誠ページ http://ameblo.jp/hirayama-makoto/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日からGREEを始めます!

今日からSNSサイトのGREEのサイトで平山誠のページが開設されました。

このブログやtwitterと連動して、皆さんからのご意見が一層頂戴し易くなります。

是非、GREEの平山誠ページもご参照下さい!

ご意見等お待ちしております!

GREE http://gree.jp/
平山誠ページ http://gree.jp/hirayama_makoto

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【お知らせ】上関(かみのせき)を考えるシンポジウム

 瀬戸内海の豊かさが残る最後の場所、上関(かみのせき)を考えるシンポジウムが開催されます。

 3月14日(日)13時30分から、日本生態学会、日本鳥学会、日本ベントス学会の三学会が共催する「瀬戸内海の生物多様性保全のための第2回三学会合同シンポジウム」が開催されます。
 埋め立ての危機に瀕している瀬戸内海・上関の貴重な自然に関して、有識者による講演や生物学研究者の三学会(日本生態学会、日本鳥学会、日本ベントス学会)が提出した要望書の報告等が催されるシンポジウムです。
 今年秋には日本がホスト国として「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」が名古屋で開催されます。ご一緒に瀬戸内海の豊かさが残る最後の場所・上関の自然を考え、誇れる財産を守りましょう!

瀬戸内海の生物多様性保全のための第2回三学会合同シンポジウム
日 時:3月14日(日)13:30~16:30
会 場:明治大学駿河台校舎リバティタワー
     東京都千代田区神田駿河台1-1(JR「御茶ノ水駅」から徒歩3分)
主 催:日本生態学会 自然保護専門委員会
     日本鳥学会 鳥類保護委員会
     日本ベントス学会 自然環境保全委員会
連絡先:083-928-5496(安渓)
      099-285-8169(佐藤)
      03-0508-8416(平山誠事務所)
参加費:500円(資料代)

詳細は下記画像をクリックして下さい(PDFが開きます)。
0314

| | コメント (2) | トラックバック (0)

“生物多様性の宝庫、長島の自然を考える”勉強会に参加しませんか?

上関町長島、祝島の自然を考えよう!
 来る3月8日(月)13時から、私、平山誠も呼びかけ人となっている「生物多様性の宝庫、長島の自然を考える」院内集会が開催されます。
本年秋には日本がホスト国として、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開催されます。日本政府はどの様に取り組んでいくのか、環境省の担当者から最新のお話しを伺います。
 また山口県熊毛郡上関町長島、祝島周辺の海域は「日本のガラパゴス」と呼ばれるほどの豊かな自然を残していますが、現在埋め立ての危機に瀕しています。多様性保護の宝庫、長島の自然について考える会を計画しました。環境委員会に所属する国会議員の皆さんとご一緒に参加してみませんか?
誇れる財産を守りましょう!

参議院議員 平山 誠

生物多様性の宝庫、長島の自然を考える
日時:3月8日(月)13:00~14:00
会場:参議院議員会館 第6会議室
出席:高島みどり、森田修(長島の自然を守る会)
環境省:生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)担当者
呼びかけ人:
衆議院議員 山花郁夫
参議院議員 ツルネン・マルテイ
参議院議員 岡崎トミ子
参議院議員 平山誠
衆議院議員 阿部知子
衆議院議員 稲見哲男
参議院議員 近藤正道
参議院議員 大島九州男
参議院議員 大河原雅子
参議院議員 川田龍平
連絡先:参議院議員平山誠事務所 03-3508-8416

詳細はこちらから↓
3月8日「生物多様性の宝庫、長島の自然を考える」院内集会のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APPFアジア太平洋議員会議総会に出席します

 参議院の命により第18回アジア・太平洋議員会議(APPF)総会(シンガポール開催)に出席致します。私も本会議の席で発言の機会を頂きました。現在未曾有の被害が報じられているハイチ地震、また昨年のサモア沖地震・スマトラ州パダン沖地震等、世界各地での大型地震発生を踏まえ、救援・復旧・復興活動に対し国際社会が協調して行動すること、更に感染症や原子力設備崩壊等による第二次被害を最小に止める情報共有化、地震予知・津波予報など最新技術の積極活用等を加盟各国議会が緊密な連帯で推進する枠組みを構築する要請決議案を提出させて戴きます。
 国民の代表として選ばれた各議会人たちが、強固なネットワークで世界を一つに、『みんなが楽しい地球』を目指しています。

1月18日(月)13時 第174回通常国会にご注目!私一人だけの要望が・・・!?
 国会の開会式には天皇陛下をお迎えし、衆参両議員が参議院の議場に集まり、天皇陛下より開会に当たりお言葉を賜ります。
 私が参議院議員となり出席した昨年9月の第172回特別国会・10月の173回臨時国会の開会式で、天皇陛下がお言葉をお話しになる際に激しいフラッシュ撮影が有り不快に感じました。
お言葉の記された状もフラッシュの光で見難くなることは失礼に当たらないか、壇上への昇降の際にフラッシュでお足元が見難く危険ではないのか?と参議院議長・参議院事務総長を通じマスコミに対し、控えて戴く様にお願いして参りました。本日、事務総長より広報部からマスコミ各社に要請を流したとのご返事を戴きました。議場には一定の照明がなされており、いまやTVカメラもスチールカメラも機能が向上しフラッシュ等の強力な発光を使用せずとも十分に撮影出来ると思います。政権が変わり「コンクリートから人へ」「友愛」を謳うので有れば、人への優しさや思いやりは言葉にせずとも伝わる国へとなって欲しい。議会関係者としてマスコミ取材関係者の皆様に多少のご配慮を願うことも必要ではないでしょうか。
 残念ながら私はAPPFに参加しており、18日の開会式に出席出来ませんので皆様にご確認をお願い申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日で松の内もおわり

2010年もチームニッポンは行動します。

 

「みんなが楽しい日本」の実現にむけて、2010年も皆様と!

 

日本の未来へ少し無責任 

 子ども手当・高校無償化・・・財源は借金。返済はこの偽装恩恵を受けた子供たち?

 ムダ遣いで増え続ける日本の借金・・・日本の崩壊は確実に進行しています。

 2007年の一人あたりのGDPは、先進国30ヵ国中19位。GNPから見ても、既に日本は貧困国へ転落!経済右肩上がり時代は20年前に終わっているにも係わらず、成長期の夢を断ち切れないリーダー達。現代人より未来の日本人へ「ごめんなさい!」

 

「政権交代」で「パラダイム・チェンジ!新視点型戦略」を

 2009年衆議院選挙で「政権交代」は実現しました。しかし「100年に一度」と言われる経済危機に直面している日本にも係わらず、対応する指針すら見えてきません。

 今こそ日本のシステム全体に変革が求められています。

 先の政権交代により、政治が国民の為によりダイナミックに変貌を遂げ、世界経済を視野に入れた明確な「パラダイム・チェンジ」が可能と考えます。

 国民が将来への不安から解放され、活気と希望に満ちあふれた新しい日本 「みんなが楽しい日本」。日本の良さを最大限に活かして世界と共に繁栄する。「みんなが楽しい日本」を創る戦略=パラダイム・チェンジとは「ニュー・バリュー・フロンティア」(新しい価値軸)にした「新視点戦略」の創造です。

 「みんなが楽しい日本」の実現を目指すことこそが、幸福・繁栄・平和につながるビジョンの根本であると考えます。まずは新価値軸を基に「日本を見直す」こと。戦略に必要であれば規制の強化をも行うこと、規制緩和・オープン=国民勝利の鍵ではないこともあります。このボーダーレスな競争時代に貧困国から這い上がることは容易ではありません。

 その為に「パラダイム・チェンジ」新視点型国家戦略が必要とされます。世界競争に勝つ!国が元気になれば、地域の活力を回復し元気になる。弱い人を孤立させない優しい社会、コミュニティを活性化する担い手が元気になる。希望とファイティング・スピリッツに満ちた日本の実現。「みんなが楽しい日本」の創造!「100年に一度の危機」に直面をしている、今だからこそ!私たち一人一人の智恵勇気行動結集が必要です。

 

さあ!皆さんご一緒に「みんなが楽しい日本」の創造のために声をあげ行動しましょう。

合い言葉は!「チームニッポン!」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

 昨年は国民が待ち望んだ政権交代が実現した年でした。今年は鳩山政権の本格スタートの年になります。これからこの国が新しく生まれ変わります。
 私も参議院議員の一人として『みんなが楽しい日本』の実現に向け、一層の努力をしてまいりたいと存じます。

 本年も何卒格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 皆様からのご意見をお待ちしております。makoto_hirayama@sangiin.go.jp

   チームニッポン編集長 参議院議員 平山誠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事納めの日

 13時30分より文部科学省政策会議に出席。22年度の予算に関してのご説明を伺いました。今日は敢えて質問は控えました。

 本日は官公庁の仕事納めの日です。8月30日の当選以来あっという間に過ぎていった4ヶ月間でした。まだまだやる事はあるので、年末までしっかり働きます!

 皆様良いお年を!来年も『みんなが楽しい日本』を目指して邁進していきます!

| | コメント (1) | トラックバック (0)