経済産業委員会

経産委で質問 本当に中小企業の利益になる法律とは

今日は10時05分から参議院経済産業委員会にて約35分に渡り質問に立ちました。
今回は低炭素投資促進法案(エネルギー環境適合製品の開発及び製造を行う事業の促進に関する法律案)に関しての質問です。

この法案は太陽光発電や電気自動車といったエネルギー環境適合製品を開発、製造、導入をする企業に国が補助を行うという、低炭素社会を目指す上で大変重要な法案です。しかし、中小企業を約三十年経営してきた立場から、この法案では本当に中小企業の利益になるのか、低炭素社会化の中で取り残されてしまわないか、という疑問をぶつけさせて頂きました。

失われた20年と言いつつ、全体の経常利益は上がってきた日本経済。しかし、全体の企業数の約1%の大企業と残り99%の中小企業が上げていた経常利益はバブル期には6:4であったのに対して、2007年には企業数の割合は変わらずに、7:3 と中小企業の経常利益は落ち込んでいます。つまり、中小企業で働く人々がこの国を支えているにも関わらず、その恩恵は一部の大企業に偏っているのです。
こういった状況を鑑み、特定の大企業だけでなく、中小企業も一緒に参加できるスキームを構築して支援する事。一部の大企業に偏在してしまっている富を中小企業にも還元していく法律を作る事が必要であると述べました。

例えば、経済産業省は中小企業対策として、法人税の引き下げを進めてきましたが、中小企業の2/3~3/4は赤字で法人税を下げても大企業にしかメリットはありません。
同様にこの法案でも中小企業がエネルギー環境適合製品を導入し易くする為に資金を貸し付けたり、リースを促進する為にリース会社の損失を国が補填する事は大企業に利する事となり、結果的に中小企業への利益にはならないのではないでしょうか。
お金を借りて凌ぐのではなく、仕事をして利益を上げる事こそが中小企業の願いなのです。
この法案によって如何に中小企業の仕事を増やせるのか、ひいては税金を使い、この法案を運用する事で国民にどの様に利益が還元されるのか。その事を直島経済産業大臣始め、政務三役にご質問させて頂きました。
始めに申したとおり、低炭素社会に向けて、この法案は重要な物と考えます。より早期に、より大量に、生きた資金を投入して国民の利益に繋げて頂きたいと思います。

質問の最後に、低炭素社会に関して、低炭素や非化石燃料というとCO2削減=原子力という構図になりがちですが、高レベル放射性廃棄物の安全な処理が実現するまで、原子力に重きを置く事を控えるべきだと主張させて頂きました。
28年間建設計画が停止されていた”上関原発”、これを中国電力が瀬戸内海に建設を進めようとしています。例えば、海に排水を流す為の配管に貝類が付かないように次亜塩素酸を用います。当然ですが、次亜塩素酸が海に排出され、瀬戸内海での魚介類への被害は莫大な物になると予想されています。
この様に放射性物質による被爆の被害だけでなく、環境破壊なども引き起こす原子力政策は見直すべきではないか、と質問をさせて頂きました。

何度も申しておりますが、私は原子力に反対をしているのではなく、安全性が完璧に担保されるまでは使用するべきでないと考えているのです。

環境問題も経済政策も、未来に負の遺産を残すのではなく、誇れる財産を託していくべきです。
このポリシーの基、これからも「みんなが楽しい日本」を目指して声を上げていきたいと思います。

経済産業省 低炭素投資促進法案のページ
http://www.meti.go.jp/press/20100212001/20100212001.html

参 議院のHPから委員会の模様の動画がご覧頂けます。
こちらから5/20の経済産業委員会を選んでご覧下さい。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

Ooo

Img_7060


| | コメント (3) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ

 昨日23日は昼頃から皇居にて天皇陛下のお誕生日をお祝いする宴会の儀に出席しました。陛下のお誕生日を間近でお祝いさせて頂く事が出来、幸いでした。天皇皇后両陛下のご健康を心よりお祈りしております。

 さて、今日は9時30分より、経済産業省政策会議に出席。平成22年度税制改正大綱についてのご報告、緊急経済対策に関してのご報告、COP15のご報告を受けました。

空いた時間はアメリカ出張の残務整理に追われた一日でした。
今日はクリスマス・イブですね。皆さんが素敵なクリスマスをお過ごしされる事をお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今国会最後の委員会でした

 10時から経済産業委員会、10時10分から災害対策特別委員会、10時30分から決算委員会に出席しました。今国会での最後の委員会になりました。
20091203
増子輝彦経済産業副大臣と

 16時からは第2回文部科学省政策会議先端科学技術調査会に出席。「低炭素化社会を実現するための環境技術・産業構造」と題して国際連合名誉副学長・東京大学名誉教授安井至さんの講演を拝聴しました。質疑の際に「高速増殖炉の技術が日本に必要との事ですが、安全性を将来的にどの様に担保していく事が出来るのでしょうか?」と質問をしました。
Img_0483
第2回文部科学省政策会議先端科学技術調査会

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本の自然が危機に瀕している!

 8時より文部科学省政策会議に出席。事業仕分けの報告、ワールドカップサッカー大会の招致の説明、政府税制調査会の動向の報告がされました。
 質疑の際に、事業仕分けで「高速増殖炉もんじゅ」の来年度予算の増額が変わらない点に関して、70年代後半に設計された謂わば”カローラ”であるもんじゅを残しておくのではなく、新しい”プリウス”の設計を始めるべきではないか?また、2兆円もの建築費をかけながら未だ完成していない六ヶ所村の再処理工場に関して、その費用は私たちが払っている電気代1kw/hに約30~40銭が、向こう360年間自動的に加算されている事に触れ、もんじゅを続ける事に依って、私たちの負担がより増えてしまうのではないか。と発言しました。本当に必要で有効なみんなが使いやすい事業を残すべきだと考えています。
2009120201
文部科学省政策会議

 14時からは私も賛同議員である「生物多様性の宝庫、長島の自然を考える院内集会」に参加しました。「日本のガラパゴス」と言われている、山口県熊毛郡上関町長島。この豊かな自然が残る長島に原子力発電所のための埋め立て工事が許可され、この周辺に生息する、絶滅危惧種も多数含めた動植物が危機に瀕しています。「不要な原発がまた造られようとしています。賛同人として、この問題に対する声をもっと上げていきたい」と発言させて頂きました。
2009120302
共に賛同人として名を連ね、みんなの党への入党を決めた川田龍平議員も参加

 その後、辻元清美衆議院議員にお誘い頂いた「辺野古の環境問題を考える!!緊急院内集会」に参加しました。普天間飛行場の代替地としての計画の中止・変更を求めて米国防総省を訴えている方々の一人、籠橋隆明弁護士と沖縄ジュゴン環境アセス監視団の真喜志好一さんからお話しを伺いました。数少ないジュゴンの生息域としての海が奪われていきます。単純に基地を移転するだけでは何の解決にもなりません。
P1020686
辺野古の環境問題を考える!!緊急院内集会

 参議院議員会館の自室に戻ると「~長島の自然を考える院内集会」の講師の皆さんが訪問して下さり、即席の勉強会になりました。

 16時30分からは経済産業委員会における研究会に参加。通商政策に関して経済産業省の方からヒアリングを受けました。質疑の際に「ドバイ・ショック」で日本や国内企業に一体どの位の影響があるのかを質問して、調べてご報告頂けるとのご回答を得られました。ドバイ・ショックは底知れない不況を及ぼすかも知れません。
2009120304
経済産業委員会における研究会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政府税制調査会にむけた経済産業省政策会議

 今日は9時30分から経済産業省政策会議に参加しました。今日から26日まで政府税制調査会における「各省要望事項審議」が始まります。「政府・与党一体」と言われている鳩山内閣に対し、経済産業省として国会議員から意見を聞く為に開催されました。

 増子輝彦副大臣は、挨拶で、政府税制調査会からはかなり大幅な見直しを迫られる状況であり、この会議に寄せられた要望を持って政府税調に臨むと仰いました。

 政府税調での議論報告として、経済産業省提出の要望項目に対する政府税調からの現段階での回答状況について説明がありました。これを受け、参加議員からは厳しい景気の中で中小企業の実態を踏まえて支援策等を配慮すべきとの声や、税を徴収する立場にある財務省主導の政府税制調査会になっているのではないか。頑張っている中小・零細企業の声に応える税制にするべき、との声が多数挙がりました。

 増子副大臣は中小企業経営の経験のある方。現在苦境に立たされている中小企業の痛みが良く分かる方です。同じ中小企業経営をしていた者として、増子副大臣を始め、政務三役には「国民の生活が第一。」が実感出来る様に奮闘してもらいたい。私は敢えて言葉には出しませんでしたが、政府税調で中小企業経営者の声が届く様に「増子副大臣、頑張れ!」と心から応援しています。

20091119keisan

経済産業省政策会議

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参議院経済産業委員会の質問研究会に出席

 今日は8時から外務省政策会議に参加しました。岡田克也外務大臣よりオバマ大統領の訪日と日米首脳会談の報告を受け、鳩山内閣の外交姿勢を伺いました。 

 9時半から参議院の統一会派である、”民主党・新緑風会・国民新・日本”の議員総会に出席。その後10時からは参議院本会議です。
20091118hon01_2

20091118hon02_2

 参議院本会議では江利川毅さんの人事院人事官への同意が賛成124・反対102票で可決されました。

 13時からは”少子高齢化・共生社会に関する調査会”に出席しました。大島敦内閣府副大臣、中川正春文部科学副大臣、細川律夫厚生労働副大臣が参加され、闊達な議論が展開されました。
20091118shoushika

少子高齢化・共生社会に関する調査会

 18時半から経済産業委員会における研究会に出席しました。本日のテーマは「エネルギー政策について」です。
 「温室効果ガス25%削減の観点から」「産業構造の観点から」我が国のエネルギー政策について理解するために、経済産業省 資源エネルギー庁 審議官の上田隆之氏のレクチャーを受けた後、参加議員から質問・意見を交換しました。
 私は、エネルギー供給について報告した資料について発言しました。

経済産業省の説明ペーパーでは、原子力発電の特性として「供給安定性・経済性に優れる」として記載されていますが、コスト計算には高速増殖炉のもんじゅや原子力発電所から出た燃料の再処理のために掛かる超長期の施設管理費・核燃料廃棄物処理の費用が含まれていません。原子力発電システムに反対なのではなく、核燃料サイクルには膨大なコストが掛かるという事実を国民にしっかり説明することが大切であると申し上げました。
 上田審議官は、「この資料は発電所の経費で、原子力発電サイクル全体のコストには別に再処理工場の費用等が掛かることは事実です。政府はプルサーマル発電を進めていきます。核サイクル全体のコストについては長期間に渡り掛かる費用があることは事実です」とお応えになりました。

 経済産業委員会は資源・エネルギー問題を取り扱う重要な委員会であり、今後もこの問題にも積極的に取り組んでいきます。次回の研究会では知的財産政策について研究する予定です。

20091118keisan01

20091118keisan02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から参議院の各委員会がスタート

 いよいよ明日から参議院の各委員会が本格的に始まります。8月の初当選以来、初めてとなる本格的な委員会のスタートです。私が所属する参議院経済産業委員会も明日から始まります。

 幅広い分野にまたがる経済産業委員会(ご参考PDF 出典:経済産業省)に備えるため、今日は終日、中小企業経営者の仲間達を中心に、色々な分野で活躍されている方々と話し合いました。現在直面している問題だけでなく、将来懸念されるであろう問題などを直に聞き、今何が求められているかを考える一日でした。

 私の使命は30年の中小企業経営の経験を活かし、多くの仲間達と共に中小企業支援政策の充実を進める事です。頑張っている中小企業の方々を応援し、一人一人が元気になる、「みんなが楽しい日本」を創るために邁進します。

20091116keisan











出典:経済産業省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参議院経済産業委員会における研究会に参加しました

 今日は8時より文部科学省政策会議に出席しました。

 議題は「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」の改正案等でした。この法案は「平成17年に原子炉等から出る廃棄物で導入されたクリアランス(放射線量が極めて低い物に関しては放射性廃棄物として扱わない) 制度を研究、医療、産業の現場でも導入する」というものです。

意見交換の際に私は、

・200Lのドラム缶約25万本の廃棄物が保管されている。これがクリアランス制度によって産業廃棄物として町中に廃棄されてしまうという問題がある。

・クリアランス対象物とされる廃棄物の放射線量の測定が曖昧である。

・放射線量の測定機関が国の登録制である以上、在り方に依っては天下りの温床に成りかねない。

と指摘し、慎重に対応すべきだと発言しました。

 11時より参議院の統一会派である”民主党・新緑風会・国民新・日本”の議員総会に出席。

 16時半からは経済産業委員会の研究会に参加し、経済産業省の外局である中小企業庁の仕事や“中小企業支援策”のヒアリングを受けました。

 その中で、中小企業庁の進める”中小企業支援策”が、製造業への支援策が目立ち、サービス業等のソフト産業へはあまり目が向いていない様に感じたので、改善を要望しました。

 もちろん日本の”ものづくり”産業は世界的に見ても群を抜く質を誇っておりますが、30年の中小企業経営の経験から、一つの産業だけが特化しても意味が無く、様々な産業が絡み合い、経済が活性化される事が一つ一つの企業の活性化に繋がります。

 製造業等のハード面だけに特化するのではなく、サービス業や街の印刷屋、広告代理店などのソフト面を支える企業を助けることにも目を向けた施策をして欲しいと思います。

 本当に頑張っている中小企業を支援して『みんなが楽しい日本』を創っていくために頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参議院経済産業委員会 始まる

   本日は参議院予算委員会の三日目。今日も朝から16時まで第一委員会室で鳩山内閣の質疑に参加しました。

 16時より文部科学省のブリーフィング。文科省の方がわざわざ、今国会に提出される「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」の改正案について説明に来て下さいました(???)。

 これは「平成17年度に原子炉等規制法で導入されたクリアランス制度を文科省所管の研究、医療、産業の現場でも導入する」というもの。クリアランス制度とは”安全かつ合理的に廃棄物を再利用・処分するために、放射線量が極めて低い物に関しては放射性廃棄物として扱わない”という制度です。

 膨大な量に上る放射性廃棄物の内、約5割はこの制度に当てはまる為、研究、医療、産業の現場では処分コストが3~10分の1になると言われています。

 放射線量の測定の方法があいまいである事、測定をする機関の在り方に依っては、天下りの温床に成りかねない事、がとても危惧されます。

 以前のブログの記事にも書きましたが、私は原子力に反対をしているのではありません。鳩山新政権はより安全で新しい技術の利用を目指す事が期待されている、と考えています。80年から着工し、一兆円を掛け、未だに稼働していない”もんじゅ”に今後も予算を増額するのではなく、国民が夢を持てる様な技術政策を実現することが期待されているのではないでしょうか?従来の発想に拘われるのではなく、おかしいことは変えていくという事に期待しています。

 さて、本日はもう一つ。
 12時30分より、参議院第21委員会室に於いて経済産業委員会が始まりました。
 理事、委員が決定され、直嶋正行経済産業大臣の所信表明演説をお聞きしました。
“中小企業対策に全力を挙げて取り組む。”との言葉が盛り込まれた演説を聞き、30年間中小企業を経営してきた私にとっても一段と身の引き締まる思いです。

平山誠は『みんなが楽しい日本』を創る為、経済産業委員会の末席で頑張ります!

写真は経済産業委員会の模様です。
20091110

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)