経済・政治・国際

今夏の参議院議員選挙について

参議院議員平山誠です!
今夏の参議院議員選挙について、
明日、9日 10:30~名古屋グランドホテル11F桂の間で記者会見
谷岡郁子代表と一緒にを行います!
よろしければ平山おたずね下さい!

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平山誠が「みどりの風」参議院愛知県選挙区公認に!

昨日、参議院本会議終了後、国会内で記者会見が行われました。
谷岡代表より、今夏の参議院議員選挙において、
私、平山誠が愛知県選挙区の立候補予定者として公認された事が発表されました。
微力ながら谷岡郁子代表と共に、自然との共生・脱原発・消費税増税凍結等の
政策を実現させる為、愛知県か「らみどりの風」を精一杯吹かします!
何卒、一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。
0611
記者会見の模様

1
谷岡代表と共に

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

117票VS116票の重み

平成24年度補正予算案が参議院で可決されました。
補正とは言っても総額は約13兆円(うち公共事業費が4・7兆円)。
「アベノミクス」で「3本の矢」とされるうちの一つの財政出動と位置づけられていますが、国民の皆様の血税が投入されるのには違いありません。
参議院予算委員会でも度々議論がなされましたが、その使い途が国家国民のために有効に執行されるよう願ってやみません。
自身も引き続き注視していきたいと思います。

1361920380_1
予算成立の御礼に「みどりの風」を訪れた安倍総理に応える平山誠

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月27日参議院予算委員会 集中審議

みどりの風 舟山康江政調会長が質問に立ちます。
日時:2月27日(水曜日)
TV中継 NHK総合13:00~
【舟山康江政調会長16:20頃】

質疑の模様は、参議院インターネット審議中継でもご覧になれます。

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック種目・レスリングの存続を!

 2020年夏季五輪東京誘致を目指す中、突然レスリングを競技種目からを除外するというニュースが飛び込んで参りました。
 皆様ご存じのように我が国でも伝統的なオリンピック競技として、東京オリンピックの三宅選手から吉田沙保里選手、伊調選手等のメダルに引き継がれています。その影響を受け、多くちびっ子から高校生や大学生まで第2の吉田、伊調になるんだと競技人口も広がっています。
 このレスリングという競技は、戦いの手段であった格闘技をスポーツに変えたということで古代からのオリンピズム、平和主義を守る、そのような伝統ある競技です。これをオリンピックの競技として守るために日本国政府をあげて他国との協調・働きかけをしていかなければならないと思います。
 先日の予算委員会でみどりの風・谷岡郁子代表の質問に対し、安倍総理も「レスリングのような伝統的な種目が、なぜ外されたのかというのが率直な思い。本当に外されるなら、極めて遺憾だ」と答弁されています。
 政府としては表だって活動ができない中で、まずは国会議員として衆議院・参議院の有志を集って議員連盟の立ち上げ、自身も事務局として運動を強力に支援するための組織づくりをすることといたしました。
1361502526_1

1361502526_2

1361502526_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月20日国会活動

1361352209_1
参議院予算委員会

1361352209_2
舟山康江政調会長をサポート

1361352209_3
安倍総理からの答弁

1361352209_4
薬害再発防止の制度実現に取り組む国会議員連盟呼びかけ人会合

1361352209_5
原発事故こども被災者支援法の具体的施策を求める院内集会

1361352209_6
あいさつする平山誠

1361352209_7
菅野バネッサさん東京電力を訴える

1361352209_8
TPPを慎重に考える会 勉強会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到底納得できるものではありません!

みどりの風を代表して与野党国会対策委員長会談に出席いたしました。
国会同意人事のあり方について各党会派で意見交換が行われました。

1361255057_4
与野党国会対策委員長会談

1361255057_5
国会同意人事についての意見交換

終了後、参議院予算委員会へ質疑を行う谷岡代表の応援に駆けつけました。

質疑の模様は、参議院インターネット審議中継でもご覧になれます。

1361255057_1_2
参議院予算委員会

1361255057_2
谷岡代表を補佐する平山誠

1361255057_3
政府に質す谷岡代表


また2月14日に既報の通り、原子力規制庁の審議官の情報漏洩に関する質問主意書の政府答弁が返ってきましたので、以下掲載いたします。
再発防止のための真相究明をする気があるのか、
変わらぬ原子力ムラ体質をこのまま容認してしまうのか!
到底納得できるものではありません!
皆さんどう思われますか?


原子力規制庁の審議官が日本原電の役員に公表前の専門家会合の情報を漏洩した件に関する質問に対する答弁書

※質問=黒字、答弁=太字

原子力規制庁(以下「規制庁」という。)は二月一日、規制庁の審議官が公表前の専門家会合の報告書案を日本原子力発電株式会社の役員に手渡し、その内容を漏洩させたとして、訓告の上更迭し、文部科学省に異動させたと発表した。この対応について、重大な問題があると考えられるので、以下質問する。
一 この情報漏洩に関して、二月五日に国会内で規制庁の担当者にいくつかの質問をしたところ、担当者が答えることができない項目が多く存在した。同担当者からは、「審議官からは処分のためのヒアリングを行った」、「渡した事実を確認すれば十分」という発言があった。今後の再発防止を考える上では、処分以上に真相究明が非常に重要と考えるが、本件に関する調査は、処分のための調査で十分と考えているのか、あるいは徹底した真相究明が必要と考えているのか、政府の見解を明らかにされたい。
二 本件は規制官庁の職員が、規制対象の事業者に規制に関する重要な情報を漏洩しており、便宜供与と見なすこともできる。政府は本件を便宜供与と捉えているのか、捉えていないのか、理由を含めて説明されたい。
三 処分によって当該審議官は出身元の文部科学省に異動したとされているが、事実であるか。また、規制庁の設置についての国会の審議では、規制庁に異動した職員は、出身元の省庁には戻らないという「ノーリターン」ルールを徹底することを当時の原発担当大臣が何度も明言している。当該審議官が、出身元の文部科学省に戻ったならば、ノーリターンルールに反すると理解することもできる。五年間は「特にやむを得ない事由がある」場合に限り例外とする規定があるものの、情報漏洩による処分がやむを得ない事由にあたるとは考えにくい。このことについて、政府の見解を示されたい。
四 規制庁は、前記三の審議官への訓告を「内規では最も重い処分」としているが、国家公務員法第八十二条では、職務上の義務違反に対して、免職や停職などの懲戒処分を規定している。今回の情報漏洩は原子力安全や事業者との癒着根絶といった国家の重要な課題と結びつく問題であると思料するが、なぜ、内規による処分にとどまっているのか、その理由を示されたい。
一から四までについて
御指摘の事案(以下「本件事案」という。)については、「規制庁の審議官」(以下「本件審議官」という。)に対する複数回の聞き取りによれば、本件審議官は、平成二十五年一月二十二日に日本原子力発電株式会社(以下「日本原電」という。)の役員等との面談を一人で行い、その際、同月二十八日の敦賀発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合(以下「有識者会合」という。)の第二回評価会合においては、日本原電に対し、日本原電の敦賀発電所の敷地内における破砕帯の活動性評価に係る説明を求めた上で、当該会合で使用される予定となっていた報告書案(以下「報告書案」という。)に係る議論がなされるものとの誤解に基づき、当該会合に出席が予定されていなかった日本原電に対して報告書案を渡したというものである。
当該聞き取りによれば、本件審議官が日本原電に対して報告書案を渡した趣旨は、第二回評価会合に日本原電が出席するのであれば、議論の実効性を高め、国民に分かりやすい適切な議論が行われるよう、それまで公開で行われてきた有識者会合における過去の議論の流れや論点等を取りまとめた報告書案を事前に日本原電に渡し、理解させることが良いのではないかと考えたものであり、日本原電の便宜を図ろうとしたものではない、とのことであったが、本件審議官が、被規制者である日本原電の役員等との面談を一人で行い、報告書案を渡した行為は、独立性及び中立性を旨とする原子力規制委員会の業務運営の透明性を確保するという同委員会の方針に反し、また、同委員会の信用を失墜するおそれがあること等から、当該行為の態様等を総合的に考慮の上、「原子力規制庁職員の訓告等に関する規程」(平成二十四年九月十九日原子力規制委員会委員長決定)に基づき、平成二十五年二月一日に、本件審議官に訓告を行ったものである。また、同日付けで文部科学省へ出向させたことについては、原子力規制委員会設置法(平成二十四年法律第四十七号)附則第六条第二項の規定に照らして問題はないものと考えている。

五 規制庁は独立機関である原子力規制委員会の事務局として設置されているが、その独立機関の事務局で事業者との癒着とも受け取られかねない情報漏洩が起きたことに対し、政府は、いつまでに、どのような方法で再発防止策を講じるのか。また、規制庁が再発防止策を検討するのか、外部の第三者機関に検討を委ねるのか、政府の見解を明らかにされたい。
五について
原子力規制委員会においては、本件事案を踏まえ、平成二十五年二月六日に、被規制者等との面談はその内容にかかわらず全て二人以上で対応することを原則とすることとする等の再発防止策を講じたところである。

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月17日みどりの風・谷岡郁子代表テレビ出演のお知らせ

みどりの風・谷岡郁子代表がテレビ出演致します。

放送局:NHK総合
番組名:「日曜討論」
日 時:2月17日(日) 午前9時00分 ~ 10時10分

是非ご覧下さい。

NHK「日曜討論」HP


参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ええじゃないか豊橋”応援倶楽部総会

昨晩、みどりの風・谷岡郁子代表と共に、平成24年度『ええじゃないか豊橋』応援倶楽部総会に出席しました。
活気あふれる会場内で、また新たな発見や出会いがあり、会の終了まで楽しい時間を過ごさせていただきました。

1360883888_1_2

1360883888_2_2

“ええじゃないか豊橋”とは? (公式サイトより引用)
慶応3(1867)年7月、三河国渥美郡牟呂村(現豊橋市)で端を発した「ええじゃないか」は、伊勢神宮などのお札の降下を契機に村中が臨時の祭礼を行い、民衆が「ええじゃないか、ええじゃないか」などと囃しながら乱舞した社会現象でした。
この現象は、東海道を媒体として東西へ、伊那・別所街道を経て信濃国へ伝播し、諸国で流行しました。
平成16年、豊橋商工会議所青年部の皆さんが、「ええじゃないか」と「豊橋」の認知度を高め、さらにまちづくりにつなげるために、「ええじゃないか豊橋」をキーワードに地域おこし事業をスタートさせました。変革の時代を市民の力で加速させた「ええじゃないか」。その動きに日本で初めて火をつけた市民の力は、今もなお豊橋に受け継がれています。
ええじゃないか豊橋(豊橋商工会議所青年部)

豊橋市では、平成22年をシティプロモーション元年と位置づけ、官民の英知を結集し、この「ええじゃないか豊橋」を合言葉に、様々な活動に取り組んでいます。
豊橋市シティプロモーション戦略ビジョン、ええじゃないか豊橋推進計画

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わらぬ「原子力ムラ」体質を質す

1360885582_1
2月5日に行った原子力規制庁からのヒアリング

1360885582_2
担当者に再発防止のための真相究明を迫る


先日、「原子力規制庁の審議官が日本原電の役員に公表前の専門家会合の情報を漏洩した件に関する質問主意書」を提出しました。
※内容は、添付のPDFや参議院HPでもご覧いただけます。
「s183023.pdf」をダウンロード

【引用記事:2月9日付 時事通信】
日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)の活断層調査をめぐり、原子力規制庁の名雪哲夫元審議官(54)=更迭=が公表前の報告書案を同社幹部に渡していた問題で、名雪氏が原子力規制委員会の発足から4カ月余りの間に、各電力会社の幹部らと少なくとも30回は一人で面会していたことが9日、電力各社への取材で分かった。
 規制委は職員が電力会社関係者らと単独で面会することを内規で禁じているが、この問題が発覚するまで「儀礼上のあいさつ」は例外とされ、公表されていなかった。報告書案は「あいさつ」の場で日本原電幹部に渡っていた。 

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧