« 2月27日参議院予算委員会 集中審議 | トップページ | ラジオ番組がYouTubeで最新版に更新 »

117票VS116票の重み

平成24年度補正予算案が参議院で可決されました。
補正とは言っても総額は約13兆円(うち公共事業費が4・7兆円)。
「アベノミクス」で「3本の矢」とされるうちの一つの財政出動と位置づけられていますが、国民の皆様の血税が投入されるのには違いありません。
参議院予算委員会でも度々議論がなされましたが、その使い途が国家国民のために有効に執行されるよう願ってやみません。
自身も引き続き注視していきたいと思います。

1361920380_1
予算成立の御礼に「みどりの風」を訪れた安倍総理に応える平山誠

参議院議員平山誠公式サイト「チームニッポン

|

« 2月27日参議院予算委員会 集中審議 | トップページ | ラジオ番組がYouTubeで最新版に更新 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288442/49690273

この記事へのトラックバック一覧です: 117票VS116票の重み:

« 2月27日参議院予算委員会 集中審議 | トップページ | ラジオ番組がYouTubeで最新版に更新 »