« 脱原発基本法をめざす | トップページ | 新党大地・真民主 衆院選公認候補を正式に発表 »

福島原発4号機の核燃料問題

先日、『福島原発4号機の核燃料問題を考える第2回議員と市民の院内集会』が開かれました。
2部構成で行われ、第1部では村田光平さんや広瀬隆さんらから4号機の核燃料を一刻も早く安全に移動、保管をすべしとのお話しがあり、

0011
【熱心に説明を聞く出席者の皆さん】


第2部では、「4号機の耐震問題」「核燃料の移動」に加えて、当会の第1回目にアーニー・ガンダーセン氏から語られた「ジルコニウム火災の恐怖」について東京電力、資源エネルギー庁、原子力規制庁のそれぞれの担当者からヒアリングが行われました。

0081
【関係者からのヒアリング】


未だ課題は山積。今後も、主催の脱原発政策実現全国ネットワークの皆さんと共に、国民の安全・安心のため『未来に負の遺産をのこさない』活動をしてまいります。

0061
【会の事務局「ストップ・ザ・もんじゅ」の皆さんと】

|

« 脱原発基本法をめざす | トップページ | 新党大地・真民主 衆院選公認候補を正式に発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288442/47945268

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発4号機の核燃料問題:

« 脱原発基本法をめざす | トップページ | 新党大地・真民主 衆院選公認候補を正式に発表 »