« ラジオ番組「北海道革命会議」10月1日放送分がYouTubeにUPされました | トップページ | ラジオ番組「北海道革命会議」10月8日放送分がYouTubeにUPされました »

環境省、原子力規制庁との意見交換

「福島をくり返す気か!?大飯原発再稼働にNO!」が開かれ、自身も出席しました。
市民団体をはじめ一般の方々も出席されたこの会合では、大飯原発の再稼働問題を中心に、環境省および原子力規制庁の担当者が、一般の皆さんの質問に答える形式で行われました。
未だ課題山積で見切り発車的に発足してしまった原子力規制庁。
その担当者は、回答の歯切れが悪く、「持ち帰ります」の一辺倒。
これでは国民の不安は払拭できないという印象がありました。
本来、原子力政策に重要な役割を果たす責務のある原子力規制庁は、そもそも国会での同意人事を経るなど、正式な手続きを踏んで組織づくりをしてから本格的にスタートさせることで、初めて国民の安全・安心を担保できると考えます。
一部報道では、JAグループも本日行われる第26回JA全国大会で「将来的な脱原発をめざすべき」との考え方を議案に盛り込み、これを大会で決議するらしいです。脱原発の動きはますますその裾野を広げ、活発になっています。
自身も3.11の震災を決して風化させることなく、『未来に負の遺産を遺さない』ため尽力してまいります。

0031

0051

1210051

|

« ラジオ番組「北海道革命会議」10月1日放送分がYouTubeにUPされました | トップページ | ラジオ番組「北海道革命会議」10月8日放送分がYouTubeにUPされました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288442/47321118

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省、原子力規制庁との意見交換:

« ラジオ番組「北海道革命会議」10月1日放送分がYouTubeにUPされました | トップページ | ラジオ番組「北海道革命会議」10月8日放送分がYouTubeにUPされました »