« ラジオ番組「北海道革命会議」最新版がアップされました | トップページ | 2院制の意義。 »

ビギナーズ・ネットの皆さんが東京の事務所を訪ねてきてくれました。

ビギナーズ・ネットとは司法修習生の給費制の復活を求める法律家を目指す若者の団体で、
トレードマークは青いTシャツです。代表の萱野君は今年見事司法試験に合格しました。

0011
要望の説明を受ける平山誠

0071
ビギナーズネット代表・萱野(かやの)さん(写真左)

そしてビギナーズ・ネット北海道支部の橋本弁護士はラジオカロスの「北海道革命会議」にも何度か出演してくれています。
004_21
ビギナーズネットの皆さん(写真右:橋本弁護士)


「司法修習生の給費制」とは司法試験に合格した法律家の卵たちが研修中にもらえる給料のことで、市民のための法律家を国費をもって育てる目的で戦後に開始され2010年まで支給されてきました。
しかし、2011年65期の司法修習生からは給費制ではなく貸与制、いわゆる借金に変わってしまいました。
貸与制の下では司法修習を終えて法律化になるまでにロースクールと司法修習あわせて平均で600万円の借金をかかえることになるそうです。
また弁護士業界の就職難が加速していることもあり、法律家を目指す若者たちの多くが経済的困難を抱えています。

今年2012年の7月27日に成立した改正裁判所法附則を受け司法修習生の給費制については閣議決定に基づく新たな合議体である「法曹養成制度検討会議」で、法曹養成制度のほかの問題とともに見直しがされることになりました。
しかしながら、この会議体のメンバーは「貸与制」の結論を出した従来の会議体のメンバーが17人中13人を占めておりこのままでは再び貸与制の結論になりかねません。

0041
院内集会の案内と説明を受ける平山誠

市民のための法律家を目指す若者たちが借金まみれであることは国民の皆さんにとっても不利益であることに間違いありません。
未来ある法律家たちが「多額の借金」という負の遺産を背負ってスタートする現状は今すぐに改めなければなりません。

ビギナーズ・ネットの皆さんによる院内集会が10月30日(火)にあります。

『法曹養成制度検討会議に対して給費制の復活を求める院内集会』
日時:2012年10月30日(火)15時~16時
場所:参議院議員会館 地下1階 108会議室

|

« ラジオ番組「北海道革命会議」最新版がアップされました | トップページ | 2院制の意義。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288442/47626846

この記事へのトラックバック一覧です: ビギナーズ・ネットの皆さんが東京の事務所を訪ねてきてくれました。:

« ラジオ番組「北海道革命会議」最新版がアップされました | トップページ | 2院制の意義。 »