« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

鈴木宗男を叱咤激励する会

昨日9月26日に東京での開催にもかかわらず、北海道は勿論のこと全国津々浦々からご来場いただきました。
会の終了後、引き続き“2次会”も催され、鈴木代表の支援者の皆さんと貴重な交流の時間が持てました。

0091
激励を受けました

0141
終了後のお見送り

0241
あいさつする平山誠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ番組「北海道革命会議」9月24日放送分がYouTubeにUPされました

昨日(9月24日)18:00~19:00にFM78.1ラジオカロスサッポロ(札幌地方ローカル放送)で放送されました
北海道革命会議】の内容をYouTubeにUPしましたのでみなさん聞いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羅臼から、知床峠から国後島を目視しました

9月22日に北方領土の国後島を目視するために羅臼と知床峠へ行ってきました。
天候にも恵まれたこともあって、はっきりと国後島を確認することができ、非常に身近に感じることができました。

20120921150623

20120921150955

20120921160044

20120922093942

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ番組「北海道革命会議」9月17日放送分がYouTubeにUPされました

9月17日放送されました「北海道革命会議」の放送内容がYouTubeにUPされました。

今回の放送は、若手弁護士の先生と先日発表がありました司法試験合格者の方にも参加していただき、色々なお話をしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食の宝庫北海道には原発はいらない!

報道によると明日19日、原子力規制委員会が議会での同意を得ずして中途半端なまま発足されるようです。
国会が閉会し、そのような状態でも脱原発の民意は決して止まらないのです。

先週9月12日には、泊原発の廃炉をめざす会主催のトーク集会が札幌にて開催されました。
19時~21時と遅い時間にもかかわらず、約120名の人たちが集まり、小野有五(北大名誉教授)、歌代隼人(ラッパー)、宍戸隆子(福島からの自主避難者)の3名の講演が開催されました。原発事故から一年半が詠歌した今の現状についてそれぞれの立場で貴重なお話をいただくことができました。

P10505941

緊急告知!!
今週末9月22日に泊原発があります泊村堀株海水浴場において開催されます
【再稼働反対の現地行動に集まろう】
『泊原発再稼働反対!
NO RESTART FOR THE FUTURE!』
に、みなさん参加しませんか?

一人ひとりの声をこの地【北海道の泊】から発信していきたいと思います。

詳細は泊原発の廃炉をめざす会にて確認をお願いいたします。

札幌でのラジオ収録の翌々日16日に北海道・泊原発の視察に行って来ました。

Pic_01011
泊原発のある対岸より

P10506421

P10506631

P10506691

P10506721

泊原子力保安検査官事務所にて平山誠が高橋所長に泊原発の現況などについて質疑の模様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊誌掲載記事に関して

此の度の週刊誌掲載記事に関しましては、私自身の不徳の致すところであり、日頃よりお支えいただいている後援者ならびに関係各位に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを、まずは心より深くお詫び申し上げます。

私自身、議員としてのみならず『未来に負の遺産を遺さない』を信条として行動してまいりました。例えて申し上げるならば、様々な事情を抱え困窮する若者が居れば、先人として出来得る活動をして、彼等の自立支援を促し、時には真の肉親のように精神的なバックアップも行ってまいりました。
今件記事の内容は到底容認できるはずもありませんが、この青年の奇怪な行動に端を発し、週刊誌記事掲載に至るまでには、この青年の周囲に何らかの異変が起き、切迫した事情を抱えている事が要因と推察いたします。

いずれにしても、このような事態を引き起こした自身を省みれば、公人としての責任の重さを痛感しております。
改めて、関係各位の皆様は勿論のこと、日頃から私を支えてくれている妻や親族にも深く深く謝罪をいたします。

甚だ厚顔ではございますが、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
末筆になりましたが、多くの叱咤激励のお言葉をいただきました皆様にも感謝を申し上げ、
引き続き与えられた職責を全う致しますことをお誓い申し上げます。

                             平山 誠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ番組第2回「北海道改革会議」がYouTubeにUPされました

9月10日に放送されました北海道札幌市のFMローカル ラジオカロスサッポロ(FM78.1)で
第2回「北海道革命会議」の放送内容をYouTubeにアップ致しましたので、是非聞いてください。

下記のタイトルから聞いてください。

北海道革命会議

札幌地方の方は、再放送があります。ぜひそちらでも聞いてください。
9月13日木曜日22:00~ 「北海道革命会議」 ラジオカロスサッポロ FM78.1

第3回の放送は、ラジオカロスサッポロ FM78.1

9月17日 月曜日 18:00~ 第3回「北海道革命会議」
再放送は、9月20日 木曜日 22:00~

となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩みをとめず前進

9月8日、第180回通常国会が閉会された。

前日の7日には、会期末処理が行われたが、消費税増税法や原子力エネルギー政策など、3党野合のドタバタなどで幕を閉じ、会期延長の甲斐もなく、不完全な感覚は否めない。閉会中とはいえなお課題は山積であり、当然、歩みを止めるわけにはいかない。

9日午前11時からは、墜落事故が相次ぐ米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの県内配備計画の撤回を求める「オスプレイ配備に反対する県民大会」が、宜野湾市の宜野湾海浜公園で約10万1千人(主催者発表)が参加して開かれ、出席させていただいた。新党大地・真民主 鈴木宗男代表は以前から沖縄とも関わりが深く、現在も参議院第2支部(代表:横峯良郎議員)を置き、拠点としている程である。
この問題には引き続き取り組んでまいりたい。

Dsc_08381

Dsc_08521


また先日、安住財務相が、来たるべき臨時国会で特例公債法案が通らないのなら政党助成金の交付を見合わせるとの発言が報道された。
そこで新党大地・真民主としては、特例公債法案が成立するまで、国会議員の歳費(給料)、ボーナス、月100万円の文書通信交通滞在費、月65万円の立法事務費、月25万円のJRパス代、航空クーポン、全てを凍結すると党内で決議した。
これは、7日の新党大地・真民主の両院議員総会後の記者会見でも、鈴木代表自らが正式に発表した。臨時国会が始まったら各党各派に呼びかける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日月曜日はラジオ放送の日です!

おはようございます。

本日月曜日は先週から始まりました「北海道革命会議」がラジオ放送されます。

先週同様、平山誠とMCのTomomiさんをはじめ、多くの仲間たちと議論をおこないます。

是非、聞いてください。

番組は、

ラジオカロスサッポロ FM78.1  (放送エリア 札幌圏)  番組表

放送時間 18:00~19:00

再放送は、木曜日 22:00~23:00 になります。

ご意見・感想なども受け付けております。

さらに、出演したい方募集中!

先週の収録風景のPhoto
P1050567

放送終了後に放送内容をYouTubeにUPいたします。

エリア外の方は是非そちらからお聞きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民・自・公のドタバタ

首相問責決議に引き続き、民主・自民・公明党の“争い”で審議日程等が2転3転しましたが、通常国会閉会3日前の本日、「政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会」が開会され、公職選挙法の一部を改正する法律案(いわゆる4増4減案)の審議が行われ、自身も質問に立たせていただきました。
本法案では、大阪、神奈川の選挙区定数をそれぞれ2議席増やし、福島、岐阜を2議席減らすとなっています。
3.11の未曾有の災害、人災とも揶揄される原発事故を思えば、被災地・福島の議員数を減らすことが得策なのか、ただでさえ復興が遅れていて支援が未だ十分でない福島こそ特別措置を設けて民の声を十分受け止める体制を維持することは考えられないのか、一票の格差を是正するためだけの緊急避難的な措置や制度優先の考え方では国民の理解は到底得られないのではないか、などの問題提起をさせていただきました。
奇しくも政府参考人として委員会に出席していた総務省の選挙部長から「参議院の選挙制度に関しましては、議会制民主主義の根幹に関わることでございますので、各党各派でご論議願います」との答弁があった。
まさにおっしゃる通りですが、結局はまたもや民自公の談合を経て、趣旨説明~質疑~採決まで、たった3時間の一気通貫で委員会可決されてしまいました。
4増4減の小手先案に賛同できないのは勿論のこと、審議不足も否めず、このような議会制民主主義から乖離した議会運営には再度抗議します。

0041

0051

【※質疑の模様はインターネット審議中継でご覧頂けます】


《※以下、参議院選挙制度協議会に提出済みの「新党大地・真民主の考え」を掲載しますので、ぜひご一読ください》

4増4減案に対する新党大地・真民主の考え

新党大地・真民主
代表 鈴木宗男
参議院議員会長 平山誠

来夏の参院選まで一年を切った中、5倍に達している参議院議員の一票の格差を是正するため、大阪、神奈川の選挙区定数をそれぞれ2増、福島、岐阜を2減とする是正案が、今国会で成立する見通しとなっている。
これはいわば緊急避難的な案であり、一票の格差を是正するにしても焼石に水であり、ほとんど効果を成さない。何より、二院制を旨とする我が国において、参議院本来の存在意義、果たすべき役割についての哲学が全く見られない。これでは国民の理解は得ることはできないと考える。
よって、新党大地・真民主は、「4増4減」案に明確に反対する。「衆議院のカーボンコピー」と揶揄され、単なる衆議院の追随機関でしかないとの批判がなされて久しい参議院を抜本的に改革するため、以下の見直し案を再度主張する。

1.選挙方法について
 ① 定数を大幅に削減し、6年ごとの一括総選挙とする。
 ② 選挙制度の大改革を周知徹底するための期間を要することから、平成25年に行われる第23回参議院議員通常選挙で改選となる者はその任期を延期し、更に3年後の平成28年に総選挙を行う。

2.選挙区割並びに定数削減について
 ① 人口100万あたりに1人を元に定数を計算する。
 ② 全国比例区を廃止し、衆議院の比例制度と同様に全国11ブロックの選挙区とする。
 ③ ①と②を元に考え、参議院議員の定数は128人とし、現行の定数から114人削減する。
 
3.参議院のあり方について
 ① 参議院議員に立候補する要件として、衆議院議員、都道府県知事、地方自治体首長、地方議会議員経験者または各分野で専門家としての業績を認められた者とする。
 ② 衆議院議長、内閣総理大臣は、退任後も国会議員を続ける場合、参議院へ移るものとする。
 ③ 予算案に関し、審議を行うのは衆議院のみの役割とし、参議院は決算を行うものとする。
 ④ 解散されることがない参議院は、憲法、皇室、外交、防衛、教育、治安等、国家の基本政策、中長期的課題に関して専門的見地から審議を行う場とする。

4.その他
上記の種々改革を実施することにより、参議院を真の良識の府、更には再考の府として、衆議院をチェックする機関とし、衆議院との役割分担を明確にする。

以上
 
 1.の②でも触れているが、来夏の参院選をスキップしてでも、参議院のあり方について抜本的な見直しをするべきである。
日本国憲法第46条で「参議院議員の任期は、六年とし、三年ごとに議員の半数を改選する。」とあるが、同47条に「選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。」と規定されている。このことを援用し、特別措置法を成立させる等の方法により、右の措置を講ずることは可能と考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱原発へ向けて加速

国会周辺でのデモ活動ばかりでなく、国会内でもさまざまな院内集会が開かれています。
すべての集会に参加できるわけではありませんが、先週末に開かれた「ストップ・ザ・もんじゅ」主催の国会議員と市民の集会の第1部では、福島原発4号機の核燃料問題を考えると題し、エンジニアとして全米で原子炉の設計、建設、運用、廃炉に携わり、エネルギー省の廃炉手引き(初版)の共著者であるアーニー・ガンダーセンさんを講師ゲストに招いて講演会が催されました。
第二部では、「福島4号機のプール内核燃料 現状と移転計画」と題し、関係者、関係省庁からのヒヤリングが行われました。

1208311
【福島原発4号機の核燃料問題を考える院内集会】

また本日、脱原発法の成立をめざす国会議員と市民の集い「いよいよ脱原発法案提出へ!」が開かれ、複数の市民団体や一般市民の皆様と超党派の国会議員が一堂に会しました。そこでは、市民の皆様で作成された脱原発法案の骨子説明が行われました。
自身も発言の機会をいただき、高レベル放射性廃棄物の処理・処分方法が確立されていないことなどの原発の危険性を改めて訴え、未来の子供たちに負の遺産を遺さないための法案内容となるようにお願いしました。

0201
【脱原発法の成立をめざす、国会議員と市民の集い】

0101
【発言する平山誠】

いずれにしても脱原発の波は、さまざまな形で確実に押し寄せて大きなうねりとなっています。
私自身も微力ながら精一杯尽力してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ番組「北海道革命会議」がYouTubeにアップされました

昨日、北海道札幌市のFMローカル ラジオカロスサッポロ(FM78.1)で
北海道革命会議」という番組が9月3日18:00~新番組としてスタートしました。
その番組の放送内容をYouTubeにアップ致しましたので、是非聞いてください。

下記のタイトルから聞いてください。

北海道革命会議

札幌地方の方は、再放送があります。ぜひそちらでも聞いてください。
9月6日木曜日22:00~ 「北海道革命会議」 ラジオカロスサッポロ FM78.1

第2回の放送は、ラジオカロスサッポロ FM78.1

9月10日 月曜日 18:00~ 第2回「北海道革命会議」
再放送は、9月13日 木曜日 22:00~

となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ番組作っちゃいました

本日から札幌圏で流れているFM放送・ラジオカロスサッポロ(FM78.1)で新しい番組を作り、放送することになりました。
放送時間は毎週月曜日18:00~19:00(再放送 毎週木曜日22:00~23:00)です。
平山誠と北海道で起業している仲間たちが出演し、さらにインディーズで活躍している人たちを交えて番組を作って放送することになりました。
MCは、地元札幌で活躍しているインディーズ歌手Tomomiが担当しています。
楽しい番組を作っていきたいと思います。

是非、聞いてください!


P1050568
収録風景・初回に出演していただいた方々です

P1050580
MCのTomomiさんにもわかりやすく説明をする平山誠
番組終了後には、番組音声と収録風景の映像がYoutubeにアップされます。
そちらでも是非ご覧ください。

番組を聞いて是非参加したい人も募集しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »