« 青山貞一先生の会合へ出席 | トップページ | 被災地での瓦礫処理事業の疑念(8/2環境委員会での質疑) »

民、自、公の3党“野合”「消費税増税法案」廃案を!

新党大地・真民主および6党・会派で参議院議長へ申し入れを行いました。

0011
平田健二参議院議長と尾辻秀久副議長に申し入れ

その後、7党・会派そろって記者会見が開きました。

【申し入れ内容は以下の通り】


参議院議長 平田健二 殿

「社会保障と税の一体改革」という名の消費税増税法案は、2009年の総選挙で民主党が掲げたマニフェストに明確に違反するものであり、法案提出自体が国民への背信行為である。
しかも衆議院の審議段階では民主党、自民党、公明党の三党のみによる密室談合によって修正され、法案は衆議院で可決された。
このところの国会運営では民主党、自民党、公明党の三党のみで協議をし、合意をすればあとは問答無用とばかりに一気呵成に法案を成立させるということが多数目につく。
今回はその最悪の動きになっている。
現に参議院でも十分な審議もしないまま私たちの反対を押し切って採決の前提とされる中央公聴会の日程を8月6日、7日に決定した。
本来民主主義は多数をもって決することが基本ではあるが、その前提として少数会派の意見についても十分尊重しなければならない。
こうした中、私たち7党・会派は、今回の消費税増税法案については廃案にすべきとの立場であることを強く訴える。


0031

0091

記者会見の模様

|

« 青山貞一先生の会合へ出席 | トップページ | 被災地での瓦礫処理事業の疑念(8/2環境委員会での質疑) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288442/46554512

この記事へのトラックバック一覧です: 民、自、公の3党“野合”「消費税増税法案」廃案を!:

« 青山貞一先生の会合へ出席 | トップページ | 被災地での瓦礫処理事業の疑念(8/2環境委員会での質疑) »