« 7党会派提出の野田総理問責決議案可決へ | トップページ | ラジオ番組作っちゃいました »

“真の”『野田総理問責決議案』が本会議に上程され可決

内閣総理大臣 野田佳彦君問責決議案 (全文)

理由
野田内閣が強行して押し通した消費税増税法案は、二千九年の総選挙での民主党政権公約に違反するものである。
国民の多くは今も消費税増税法に反対しており、今国会で消費税増税法案を成立させるべきではないとの声は圧倒的多数となっていた。
最近の国会運営では民主党・自由民主党・公明党の三党のみで協議をし、合意すれば一気呵成に法案を成立させるということが多数見受けられ、
議会制民主主義が守られていない。
参議院で審議を行うなか、社会保障部分や消費税の使い道等で三党合意は曖昧なものであることが明らかになった。
国民への約束、国民の声に背く政治姿勢を取り続ける野田佳彦内閣総理大臣の責任は極めて重大である。
よってここに、野田佳彦内閣総理大臣の問責決議案を提出する。


昨夕から開かれた参議院本会議に新党大地・真民主を含む7党会派、無所属2名提出の「内閣総理大臣・野田佳彦君 問責決議案」が上程され可決しました。
ちなみに、一昨日さまざまなメディアで可決ありきの報道をされた、3党野合の内の2党自民・公明両党提出の政局がらみの総理問責決議案は、議院運営委員会で当然の否決をされたため本会議に上程されませんでした。

0541
【問責決議案に賛成票を投じる平山誠】

《 賛成129 VS 反対91 》で可決されました。
野田総理をはじめとする政府ならびに野田党代表を擁する政権与党・民主党には、この重大な決議をしっかりと受け止めてこれまでの様々な失態を猛省し、問責に対する何らかの答えを明確にしていただきたいものです。
新党大地・真民主を含む7党会派および無所属2名の議席数は43。
129-43=86議席は、ついこの間まで民主党と“蜜月関係”にあったが、結局は党利党略を優先して自ら消費税増税法案や3党野合に対する“懺悔”の道を選び、まさに野合の主役とも言うべき自民党(系)のものです。
もう1党、野合の担い役である公明党は、さすがに自民党のような“踏み絵”は踏めずに採決を棄権し、問責決議案に対する賛成・反対の意思表示さえ行いませんでした。
いずれにしても両党の行動や対応は、全く筋の通らない理解不能なものでありました。
一部報道では、野田総理問責決議案の可決直後の29日夜、自民党・谷垣総裁が「やらないと言っていた消費税をやったマニフェスト違反の責任は当然問われなければいけない」との発言があったとのことです。
社会保障と税の一体改革なる【消費税増税法案】は、民主党、自民党、公明党による愚かな談合で可決・成立してしまったはずです。
このような見解を堂々と公言できることに驚愕すると同時に、今更ながら呆れてしまいます。
火曜日の環境委員会での質疑冒頭でも申し上げましたが、この日の議題としてあがった「動物愛護管理法の一部を改正する法律案」の審議にしても、午前中に衆議院で可決成立し参議院に附託されたものを、なぜ拙速に趣旨説明、質疑、採決まで“一気通貫”で行わなければならないのか?
参議院において何故もっと十分な審議を行わないのか?
委員長提案だからと質問にも立たない党会派(議席多数)が存在するなど許されていいものなのか?

0561
【環境委員会で質疑を行う平山誠】

このような横暴な議会運営を本国会で繰り返し行ってきた3党合意・協議なるものは言うまでもなく破綻し、議会制民主主義から逸脱するばかりか、結果的に国民を愚弄し政治への信頼をますます失墜させたものだと考えざるを得ません。
そもそも通常国会を3ヶ月近くも延長し、いったい何をやってきたのか?
本当に国民の期待に応える政治が出来ているのか?
特に、国会事故調査委員会の調査結果など3.11の震災を教訓とした施策、復興や被災地・被災者支援は前進しているのか?
原子力規制委員会の人事をはじめ、まだまだ課題は山積です。
国民の皆様の安全や安心を担保する政治を取り戻すためには、まさにここからが正念場です。
朝8時から夕方5時の本会議直前まで何度も何度も行われた7党会派での協議の合間を縫って出席した「脱原発法の成立をめざす、国会議員と市民の集い」院内集会では、菅直人元総理の直後に挨拶する時間をいただき、出席されていた国会議員に『このような会合で良い事を発言するだけでなく、実際に行動をして欲しい』と懇願しました。
未来に負の遺産を遺さないため、これからも国民目線でおかしいことはおかしいと言うを貫いてまいります。

0181
【院内集会で挨拶する平山誠】

|

« 7党会派提出の野田総理問責決議案可決へ | トップページ | ラジオ番組作っちゃいました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288442/46875234

この記事へのトラックバック一覧です: “真の”『野田総理問責決議案』が本会議に上程され可決:

« 7党会派提出の野田総理問責決議案可決へ | トップページ | ラジオ番組作っちゃいました »