« わんわん救助隊の声を | トップページ | 7党会派提出の野田総理問責決議案可決へ »

東京電力福島原子力発電所・国会事故調査委員会の提言を実現・法制化へ

「国会事故調の提言を実現・法制化する超党派議員連盟」設立総会が開会され、出席いたしました。
会議の中では『国会事故調の活動と国会議員に望むこと』として黒川清委員長の講演がありました。
当会設立趣意書にもありますが、以前から自身も求めている通り、国会事故調から示された提言のうち、とりわけ未解明部分の事故原因の究明や独立調査委員会の活用、規制当局に対する国会の監視等について具体的な対応策を検討し、実現に向けて取り組んでまいりたいと思います。

0071


【※以下、参議院議事録より一部抜粋・掲載】

平成24年6月14日 環境委員会での質疑
【質問者】平山誠
国会の事故調の結果はどのようにして尊重していただけるのか、若しくは、国会の事故調で地震が関係したよとか言った場合はどうするのか。そのほか、国民に対して安心、安全という観点からも未来への観点からも脱原発を宣言されたことは内閣として国民を欺いていませんか。

【答弁者】細野豪志環境大臣
国会の事故調査委員会ですが、ここから出てくるものについては私どもしっかりと受け止めたいというふうに思っております。今、平山委員が御質問になったような、地震と津波のその辺の技術的なことについてどういったものが出てくるのか、ちょっと私も全く分かりませんが、非常に重い事故調の存在ということはよく分かっておりますので、そのことについてはしっかりと受け止めて、そして新しい規制組織の下で、そうしたものを生かした中で厳しい規制をしていくということになろうかと思います。

|

« わんわん救助隊の声を | トップページ | 7党会派提出の野田総理問責決議案可決へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288442/46853645

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力福島原子力発電所・国会事故調査委員会の提言を実現・法制化へ:

« わんわん救助隊の声を | トップページ | 7党会派提出の野田総理問責決議案可決へ »