« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

仕事納めの日

 13時30分より文部科学省政策会議に出席。22年度の予算に関してのご説明を伺いました。今日は敢えて質問は控えました。

 本日は官公庁の仕事納めの日です。8月30日の当選以来あっという間に過ぎていった4ヶ月間でした。まだまだやる事はあるので、年末までしっかり働きます!

 皆様良いお年を!来年も『みんなが楽しい日本』を目指して邁進していきます!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

グラフト重合の研究

 11時より民間のエネルギー関連の団体の方からエネルギー政策に関してのヒアリングを受けました。

 14時からは「グラフト重合」という技術に関して、文部科学省の方からお話しを伺いました。物質に放射線を当て一部を破壊、その物体に別の機能を植え付ける、謂わば接木の様な技術。脱臭剤を始め、さまざまな分野で利用されつつあるとの事でした。
 放射線技術も有効な技術は色々とある事を勉強しました。
P1020964

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ

 昨日23日は昼頃から皇居にて天皇陛下のお誕生日をお祝いする宴会の儀に出席しました。陛下のお誕生日を間近でお祝いさせて頂く事が出来、幸いでした。天皇皇后両陛下のご健康を心よりお祈りしております。

 さて、今日は9時30分より、経済産業省政策会議に出席。平成22年度税制改正大綱についてのご報告、緊急経済対策に関してのご報告、COP15のご報告を受けました。

空いた時間はアメリカ出張の残務整理に追われた一日でした。
今日はクリスマス・イブですね。皆さんが素敵なクリスマスをお過ごしされる事をお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事に帰国しました!

 日本時間の22日、15時30分頃、無事に帰国!
 参議院重要事項調査第2班の海外派遣により、ワシントンD.C.とニューヨークにて、米国経済の視察と研究をして参りました。後日ご報告させて頂ける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14日~22日の間の活動報告はTwitterをご覧下さい

 参議院重要事項調査第2班の海外派遣により、米国に出張です。

 アメリカ合衆国の経済状況及び経済活性化に向けた取組に関する実情調査ならびに政治経済事情の視察です。

 14日~22日の間の活動報告はTwitterをご覧下さい。
Twitter 平山ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッター始めました!

遅ればせながらツイッターを始めました。
ガンガン書き込みをして参りますので、是非こちらもご覧下さい!

twitter 平山誠ページ

 会期も終わり、誰もいない土曜日の参議院議員会館で、秘書さんたちと共に仕事中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外務省はやはり伏魔殿?

 10時より外務省政策会議に出席。今日は小沢一郎幹事長率いる訪中団に140人もの議員が参加したため、いつも賑わっている会議も閑散としていました。
 今日の議題は、武正公一外務副大臣のWTO閣僚会議出張報告、事業仕分けの報告、在勤手当プロジェクトチーム報告、岡田克也外務大臣の沖縄出張報告でした。一通りの報告が終わった後、質疑の段で出席議員の不満が爆発しました。本日配布された事業仕分けの報告資料、在勤手当PT報告資料には具体的な数値が一切無く、いくら減り、全体ではどの位コスト削減が行われるのか、全く示されていなかったのです。
 私はこちらの本を引き合いに出し「我々はこの本を読まなければ在勤手当の多さが分からないほど、今日お配りされた資料には数値が入っておりません。政策会議の場で詳しい数値などのデータがなくて議論が出来るでしょうか?」と発言しました。国会議員として政策会議に出席しているのですから、ちゃんとした資料を頂いた上で議論を深めたいと思います。
 外交官は日本の国益の為に日々努力をされていますが、一部の方に与えられる特権は民間と比べて余りにも多すぎます。海外生活の困難さを理由に支給される様々な手当が一体どの位必要なのでしょうか?データを開示しないという行為は特権を手放したくない表れではないでしょうか?
P1020907

 午後から夕刻までは、中小企業経営者時代の仲間たちと共に、中小企業支援政策の研究・調査・意見交換をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ行政 独占禁止法

 10時より文部科学省政策会議に出席。先ずは2018・22年のサッカー・ワールドカップ大会の招致支援が昨日閣議で了承されたご報告を受けました。その後、財団法人日本オリンピック委員会、財団法人日本体育協会の方たちから日本のスポーツ行政の在り方の意見を伺いました。両団体とも、旧与党議員の方が会長や理事をされていらっしゃいますが現与党議員は役員ではありません。少なくとも与党の国会議員が役員に名を連ねて、日本のスポーツ振興を図るべきではないかと思います。
 その後、鈴木寛文部科学副大臣より「緊急経済対策」の基本方針について、中川正春文部科学副大臣より政府税調の議論の中間報告がありました。

P1020874
文部科学省政策会議

 16時より、内閣府・経済産業省合同政策会議に出席。「公正取引委員会の重点施策」を田村謙治内閣府大臣政務官よりご説明がありました。「強い公正取引委員会」を目指すべく、民主党が今まで議論を続けてきた独占禁止法の見直しに関してです。優越的地位の濫用や不当廉売(ダンピング)を防止するために、公正取引委員会の機能強化を狙い、審判制度を廃止するというもの。大企業だけでなく、頑張っている中小・零細企業の役に立つ、公正な法制度を制定するための議論が必要だと思います。

P1020886
内閣府・経済産業省合同政策会議

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『もんじゅ』『取り調べ可視化』集会に参加

 5日の土曜日、「’09年もんじゅを廃炉へ!全国集会」に参加するために福井県敦賀市に行きました。95年にナトリウム漏れの事故が起き、14年間停止している高速増殖炉”もんじゅ”。 来年3月に運転再開が予定されています。私は原発に反対なのではなく、ムダを無くしたいのです。70年代に設計されたもんじゅを続けるよりも新しい技術にかけるべきだと主張しているのです。

 6日の日曜日には鹿児島県志布志市に行き、「取り調べの全面録画を求める市民集会in志布志」に出席しました。足利事件の菅家利和さんや志布志事件の方々を始め、冤罪被害者の方が集まり、取り調べの全面可視化について訴えました。密室での取り調べに依り、うその自白を強要され、何年も苦しんだ人たちがいます。取り調べの可視化が進めば、そういった冤罪被害を受ける人を減らせるのではないでしょうか?正当な取り調べが行われる為にも取り調べの可視化が必要だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第173回国会最終日 シベリア特措法案

 8時から経済産業省政策会議に出席。政府税制調査会の中間報告をお聞きしました。私が以前から主張してきた「中小企業投資促進税制の延長」、「少額減価償却資産の特例の延長」等が、第1次補正予算では認められなかったのですが、政務三役の皆さんのご尽力により第2次補正予算で認められそうです。中小企業の経営者にとって大変助かる結果となりました。

 9時30分からは民主党・新緑風会・国民新・日本の議員総会に出席。
 10時からは今国会最後の参議院本会議でした。
 12時からは本日二度目、今国会最後の議員総会に出席。
20091204

 14時30分からは「2010年通常国会でシベリア特措法案早期提出を求める」記者会見に出席しました。戦後強制シベリア抑留者の方が過酷な強制労働を強いられたにも拘わらず、その対価すら支払われなかった事に対して必要な措置を講じるための法案。「残念ながら今国会での成立は適いませんでしたが、次期国会には何としても早急に成立出来る様、皆さんと共に頑張りたいと思います」とご挨拶させて頂きました。
P1020780
P1020836

本日が国会の最終日でした。次期国会も「みんなが楽しい日本」を目指して奮迅致します。
  Img_0493
素晴らしい青空の下、国会の前で 国会最終日に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今国会最後の委員会でした

 10時から経済産業委員会、10時10分から災害対策特別委員会、10時30分から決算委員会に出席しました。今国会での最後の委員会になりました。
20091203
増子輝彦経済産業副大臣と

 16時からは第2回文部科学省政策会議先端科学技術調査会に出席。「低炭素化社会を実現するための環境技術・産業構造」と題して国際連合名誉副学長・東京大学名誉教授安井至さんの講演を拝聴しました。質疑の際に「高速増殖炉の技術が日本に必要との事ですが、安全性を将来的にどの様に担保していく事が出来るのでしょうか?」と質問をしました。
Img_0483
第2回文部科学省政策会議先端科学技術調査会

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本の自然が危機に瀕している!

 8時より文部科学省政策会議に出席。事業仕分けの報告、ワールドカップサッカー大会の招致の説明、政府税制調査会の動向の報告がされました。
 質疑の際に、事業仕分けで「高速増殖炉もんじゅ」の来年度予算の増額が変わらない点に関して、70年代後半に設計された謂わば”カローラ”であるもんじゅを残しておくのではなく、新しい”プリウス”の設計を始めるべきではないか?また、2兆円もの建築費をかけながら未だ完成していない六ヶ所村の再処理工場に関して、その費用は私たちが払っている電気代1kw/hに約30~40銭が、向こう360年間自動的に加算されている事に触れ、もんじゅを続ける事に依って、私たちの負担がより増えてしまうのではないか。と発言しました。本当に必要で有効なみんなが使いやすい事業を残すべきだと考えています。
2009120201
文部科学省政策会議

 14時からは私も賛同議員である「生物多様性の宝庫、長島の自然を考える院内集会」に参加しました。「日本のガラパゴス」と言われている、山口県熊毛郡上関町長島。この豊かな自然が残る長島に原子力発電所のための埋め立て工事が許可され、この周辺に生息する、絶滅危惧種も多数含めた動植物が危機に瀕しています。「不要な原発がまた造られようとしています。賛同人として、この問題に対する声をもっと上げていきたい」と発言させて頂きました。
2009120302
共に賛同人として名を連ね、みんなの党への入党を決めた川田龍平議員も参加

 その後、辻元清美衆議院議員にお誘い頂いた「辺野古の環境問題を考える!!緊急院内集会」に参加しました。普天間飛行場の代替地としての計画の中止・変更を求めて米国防総省を訴えている方々の一人、籠橋隆明弁護士と沖縄ジュゴン環境アセス監視団の真喜志好一さんからお話しを伺いました。数少ないジュゴンの生息域としての海が奪われていきます。単純に基地を移転するだけでは何の解決にもなりません。
P1020686
辺野古の環境問題を考える!!緊急院内集会

 参議院議員会館の自室に戻ると「~長島の自然を考える院内集会」の講師の皆さんが訪問して下さり、即席の勉強会になりました。

 16時30分からは経済産業委員会における研究会に参加。通商政策に関して経済産業省の方からヒアリングを受けました。質疑の際に「ドバイ・ショック」で日本や国内企業に一体どの位の影響があるのかを質問して、調べてご報告頂けるとのご回答を得られました。ドバイ・ショックは底知れない不況を及ぼすかも知れません。
2009120304
経済産業委員会における研究会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肝炎対策 これからも頑張ります

 AM8時より、経済産業省政策会議に出席。事業仕分けの結果と政府税制調査会の議論の途中報告がありました。それを受けて私は質疑の際に、
「中小企業の設備投資減税の存続を強く求めますが、政府税調の議論では物作り産業のハード面への投資ばかりに偏って考えられている様に見受けられます。小売業や飲食業、福祉・医療等に代表されるサービス産業にももっと目を向けて欲しい。例えば小売店の場合でもPOSシステムを導入する等の設備投資があります。一部の中小企業だけでなく、全ての中小企業にとって設備投資減税の存続が必要です。この事を政府税調に理解して頂くべきです。」と発言をしました。
 その後、同時刻に行われていた法務省政策会議に移動。「取り調べの可視化」について日弁連の方からヒアリングを受けました。取り調べが全面可視化する事により、自白の強要がなくなるため、被疑者の人権も守られ、同時に取り調べをする検察・警察の側にも捜査の正当性が主張出来るため、双方にメリットがある制度だと思います。

 13時より、シベリア強制抑留者等特措法に関する打ち合わせ。
混迷する国会の状況下で、今国会での成立は断念する事になりそうですが、次期通常国会のなるべく早い時期に成立を目指す事になりました。この問題も命の問題です。早急な法案成立が求められています。

 15時近くに薬害肝炎全国原告団の山口代表と薬害C型肝炎九州原告団の樋口さんが参議院議員会館の自室にいらっしゃったので、ご尽力頂いた他の参議院議員の方のお部屋を一緒に廻りました。何とか無事に可決された「肝炎対策基本法案」ですが、患者・原告の皆さんにとってはこれからが本当の闘いです。これからも共に頑張ろうと励まし合いました。
20091201

 先日注文した(参考:11月30日の記事)炭で作った飴、「森林のお炭つき」が届きました。ハッカが香るおいしくて、体にも良い逸品です!

20091201

「森林のお炭つき」 一袋231円 (菓心処 信濃屋嘉助 0274-87-2322 群馬県甘楽郡南牧村磐戸160)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »